ハードウェア構築・ソフトウェア構築の総合エンジニアリング企業 ジャストエンジニアリング株式会社

マイグレーションサービス

 

大型汎用機システムのUnix系サーバへの移行から、オフィスソフトのリプレースに伴う旧バージョン資産の移行まで、情報システムでは様々なマイグレーション案件が発生しています。

当社では、特にWindows系OSのバージョンアップに伴うアプリケーションの互換性検証のサービス、Officeアプリケーションのバージョンアップに伴うマクロのアップグレードサービスなどを行っています。

また、大型汎用機からUnix系サーバへのシステムリプレースにおける旧資産の活用ノウハウなども蓄積しており、お客様側の立場に立ったご提案や移行支援、必要に応じたアプリケーション開発をいたします。

【Office移行サービス】

MicrosoftOfficeシリーズのバージョンアップに伴い、主にExcelやAccessで利用しているマクロおよびモジュールのアップデートを行います。
特にOffice2003以前からOffice2007以降にバージョンアップする場合に、マクロが動作しなくなる現象が発生することがありますが、解析・問題解決に精通したエンジニアにより、スムーズ、かつ、的確な移行作業を実現します。

【Windows移行支援サービス】

2014年4月にサポートが終了するWindowsXPからWindows7に移行する場合、非互換が指摘されているアプリケーションが報告されています。
アプリケーションの互換性の検証サポート、非互換であった場合の対応の検討など、業務に影響を与えない移行作業の支援および当社エンジニアによるオンサイトでのサポートをご提案します。

【システムマイグレーションソリューション】

レガシーシステムからUnix系サーバへの移行は、システム資産をそのまま新システムへ移行できることがコスト面では非常に重要な要素となります。
また、現在の情報システム環境はより複雑になっており、また事業所内業務においてもモバイルやタブレット端末を活用した業務にシフトしつつあります。

当社では、マイグレーション対応が持つ「システム資産をそのまま活用したい。」「最新のシステム環境で業務を行いたい。」という相反する課題に対して、お客様のニーズに合わせて、旧システム資産を最大限に活用しつつ、新規開発を組み合わせて、最新の技術動向を見据えたご提案をいたします。

frame-migra

お気軽にお問い合わせください。 TEL 06-6357-7351 受付時間 9:00~17:00(土・日・祝日除く)

メールでお問い合わせはこちら
Copyright © ジャストエンジニアリング株式会社 All Rights Reserved.